花田欣也(はなだきんや)の経歴や仕事は?マツコの知らない世界

  • 2019年8月16日
  • 2020年6月26日
  • 人物

2019年8月20日(火)放送のマツコの知らない世界では、トンネル探求家の花田欣也さんが出演し、トンネルの魅力について語ります。

トンネルといえば心霊スポットとして訪れる人が多いですが、おしゃれなトンネルや幻想的なトンネルもあり、インスタ映えスポットにもなるのです。

そんなトンネルのプロフェッショナル、花田欣也さんは一体どんな人なのか気になりますよね。

そこで今回は『花田欣也(はなだきんや)の経歴や仕事は?マツコの知らない世界』と題して、

花田欣也さんのこれまでの経歴や現在の仕事をご紹介します。

この記事から得られる情報

  • マツコの知らない世界【8月20日(火)放送】の予告
  • 花田欣也さんの経歴
  • 花田欣也さんの仕事内容

過去の「マツコの知らない世界」【8月6日】

土屋博勇喜(つちやひろゆき)経歴や仕事は?マツコの知らない世界

スポンサーリンク

マツコの知らない世界【8月20日(火)放送】の予告PR動画

マツコの知らない世界【8月20日放送】の予告PR動画はコチラです↓

▼「マツコの知らない トンネルの世界」

35年間 全国のトンネルを巡り続ける男 花田欣也さんが
「この夏オススメの 思わず行きたくなる!美しいトンネル」へ誘います!
「千と千尋の神隠し」のような異世界への入口?なのか…不思議な魅力を感じるトンネル。
「入口からは想像できない絶景」が楽しめたり、
「現実世界を忘れさせてくれるような安らぎ」が味わえる、と密かな人気スポットに!
花田さんが日本全国から厳選した個性的&美しいトンネルにマツコも魅かれていく!

参照元:公式サイト

公式ツイッターはコチラ

公式フェイスブックはコチラ

マツコさんとどのように絡むのか楽しみですね。8月20日の放送マツコの知らない世界をお見逃しなく!

花田欣也(はなだきんや)の経歴や仕事は?マツコの知らない世界

マツコの知らない世界【8月20日放送】に出演している花田欣也(はなだきんや)さんについて詳しくご紹介していきます。

1961年に東京都に生まれた花田さん。

1995年、当時のJR全線を歩き抜くことを達成!

ジオラマ制作でもすごい作品を作り出し、専門誌で多数紹介されたり、鉄道模型専門誌でコンペ受賞をしました。

[aside type=”normal”]コンペとは 課題で出された設計作品のすごさを競う競技です。[/aside]

 

また、旅行会社に勤務していて、マレーシア、沖縄などで駐在経験を積んだり、全国各地のトンネルを巡り歩き、トンネルの魅力に魅了される。

元々旅行など探検が好きだったみたいですね!

そんな花田欣也さんの影響でトンネルを探検する人も増えてきています。

マツコの知らない世界が放送された後はもっとトンネルを巡る人が増えそうですね!

そんな花田欣也さんの

フェイスブックはコチラ

ツイッターはコチラ

 

マツコの知らない世界|花田欣也(はなだきんや)の仕事

現在、花田欣也さんはトンネルに関する公演やシンポジウムを開催して、トンネルの魅力を伝えたり、トンネルをテーマとした映画のPRコメントをするなど、トンネル界を代表する存在です。

それ以外にも得意としているジオラマ製作を利用して産業遺産やトンネルの魅力を発信しています。

そんな花田欣也さんのジオラマ作品がコチラ↓

参照元:花田さんフェイスブック

本当に細部までこだわっており、本物と区別がつけづらいほどのクオリティーですね!!

花田さんは他にも「トンネル探検隊がゆく!湖北に残る産業遺産 旧賤ヶ岳トンネルと現役道最古の小刀根トンネル 日帰り」というツアーも開催しています。

トンネル探究家の花田欣也さん自身が案内してくれ、トンネルの雑学や魅力について詳しく解説してくれ、徹底的にトンネルに迫ることができます。

 

最近ではメディアにも取り上げられることもあり、中西哲生のクロノス生出演しました。

マツコの知らない世界でもっと知名度が上がり、これからトンネルブームがくるかもしれませんね!

 

スポンサーリンク

最後に

以上、『花田欣也(はなだきんや)の経歴や仕事は?マツコの知らない世界』をご紹介しました。

私もトンネルといえば心霊スポットとか怖いというイメージを持っていましたが、花田さんの紹介しているトンネル達を見ているとすごく行きたくなりました!

千と千尋の神隠しでもあの世界への入り口はトンネルでしたね!

どこへつながっているのか、違う世界への入り口なのか、などを考えるとワクワクします!

花田欣也さんの出演するマツコの知らない世界の放送が楽しみです。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク