中川真(徳島市立)の出身中学チームや経歴を調査!卒業後の進路は?

いよいよベスト8まで出揃った高校サッカーインターハイ沖縄

令和になって初めてとなる今大会!

 

面白い勝ち方でチームをベスト8まで勝ち進んだチームがいます!!!

それが徳島県代表の徳島市立

なんと1回戦〜3回戦まで0-0のPK戦勝ちをしているのです!

 

そこで注目したいのがGKの中川真選手!

点を取らさなければ試合に負けることはないというのを立証し、チームをベスト8まで導きました!

 

そこで今回は『中川真(徳島市立)の出身中学チームや経歴を調査!卒業後の進路は?』と題して、

中川真選手について詳しくご紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

中川真(徳島市立)の出身中学チームや経歴を調査!

1.1中川真のプロフィール

参照元:ゲキサカ

 

  • 名前:中川真(なかがわしん)
  • 生年月日:2001年9月10日
  • 出身地:徳島県
  • 高校:徳島市立
  • 背番号:1
  • 学年:3年生
  • 身長:188cm
  • 体重:76kg
  • 中川選手のツイッター:コチラ

 

1.2中川真のプレースタイル

188cmという身長の高さを活かしてハイボールの強さを魅せるゴールキーパーです!

クロスに対してのボール処理がうまく、攻撃陣はFWだけでなくMFの選手もどう中川選手を攻略するか悩まされるところです。

 

ボールをキャッチするゴールキーパーのイラスト(サッカー)また、高さだけでなく、俊敏性も優れているため、裏へのボールの対応も早いです!

私もサッカーをしていてこのような選手と対峙したことがありますが、本当に悩まされました。

 

裏を取りに行っても止められるし、ロングシュートを打っても、高身長を活かして止められるため、完全にDF陣を崩すしかなかったです。

 

そんな特徴を活かして、2019年インターハイ徳島県予選でも決勝戦まで無失点で抑えています!

 

1.3中川真の出身中学チームと経歴

「徳島ヴォルティス」の画像検索結果中川真選手の出身中学チームは

徳島ヴォルティスジュニアユースです。

徳島ヴォルティスとは現在(2019年7月29日)J2のチームでJ1昇格を目指しています。

 

徳島ヴォルティスのジュニアユースでは

〜理念〜

  • 世界で活躍する選手の発掘・育成
  • サッカーを通じた豊かな人間形成
  • 地域のスポーツ振興

 

〜ビジョン〜

  • 地域と一体となった育成を確立し、2024年(設立20周年)にトップ登録選手の半分以上をアカデミーおよび徳島県出身者とする(チームキャプテンがアカデミー出身)
  • サッカー界だけでなく幅広い分野で活躍する人材を輩出する

 

小さい頃からどこかのクラブチームのジュニアユースでプレーしている選手は、ポジション争いの激しさなどをよく知っているため、

高校サッカーでもそれが活かされ高校2年生の頃からレギュラー入りをしていました!

また、四国で強豪Jリーグチームは徳島ヴォルティスだけですので、徳島で生まれ育ったのもサッカーをする運命だったのかもしれません。

 

2018年、徳島市立は冬の選手権で全国大会に出場しました!

惜しくも2回戦で名門の流経大柏高校に敗れたものの、当時2年生でレギュラー入りしていた中川真選手は

全国高校総体優秀選手に選ばれました!

そんな流経大柏戦の中川選手のスーパーセーブがこちら↓

 

中川真(徳島市立)の卒業後の進路は?

残念ながら、中川選手はまだJチームからの声はかかっておらず、卒業後の進路は決まっておりません。

 

しかし、今大会で無失点の活躍でベスト8まで上がってきたので、Jチームも注目しているでしょう!

今後準決勝、決勝と上がっていくと間違いなくプロ入りする選手です!

 

2.1徳島市立のプロ入りしたOB選手達

そんな徳島市立からプロ入りした選手達をご紹介したいと思います!

 

森 一哉(もりかずや)

徳島市立→慶應義塾大学→川崎フロンターレ

 

吉成 浩司(よしなりこうじ)

徳島市立→筑波大学→ガンバ大阪

 

本田 征治(ほんだせいじ)

徳島市立→中京大学→名古屋グランパス

 

藤田 聡(ふじたさとし)

徳島市立→同志社大学→ガンバ大阪

 

森 陽一(もりよういち)

徳島市立→横浜F・マリノス

 

天羽 良輔(あもうりょうすけ)

徳島市立→中央大学→徳島ヴォルティス

 

徳島市立から一度、大学へ進学してからプロ入りしている選手も多いため、中川真選手も大学へ進学する可能性もあります。

 

 

2.2今後の2019年インターハイの日程

〜準々決勝の日程〜

2019年7月30日 9時30分

A 徳島市立(徳島)VS 富山第一(富山)

B 尚志(福島)VS 初芝橋本(和歌山県)

C 京都橘(京都)VS 北越(新潟)

D 西京(山口) VS 桐光学園(神奈川)

 

〜準決勝の日程〜

2019年7月31日

1 Aの勝者 VS  Bの勝者

2 Cの勝者 VS  Dの勝者

 

〜決勝の日程〜

2019年8月1日

1の勝者 VS  2の勝者

 

最後に

以上、『中川真(徳島市立)の出身中学チームや経歴を調査!卒業後の進路は?』をご紹介しました。

 

今大会ではJリーグ内定の選手が注目されている中、

中川真選手のようにJリーグ内定されていないが活躍している選手が出てくるのはとても見ていて面白いです!

 

ゴールキーパーとゴールのイラスト(サッカー)GKやDFの守備的ポジションの選手はFWやMFなどの攻撃的ポジションの選手に比べて注目されにくいですが、

今の日本代表に必要なのは安定した守備だと思うので、中川選手のような選手が日本だけでなく、海外でも活躍して欲しいです!

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク